>

サプリメントとは

薬とは何が違うのか

サプリメントは薬ではありません。錠剤やカプセルなど見た目は医薬品と類似していますが、サプリメントは健康食品に分類されています。病気や体調不良の人などを対象に製造されている医薬品に対して、サプリメントは健康な人を対象に製造されている食品なのです。身体の不調を改善する効果がある医薬品と、健康維持や栄養補給の補助的な作用をもたらすサプリメントでは大きな違いがあるという事がわかります。
風邪薬などの医薬品は、期待できる効果や品質など配合されている成分が一定に保たれています。一方でサプリメントは、生鮮食品のように同様の製品であっても品質は一定とは限らないという点でも違いが見られます。品質は一定でなくても、消費者庁に届出をしているサプリメントには機能性や安全性が確立されているので害はありません。

医薬品と同じ使い方で良いの?

サプリメントは食品に分類されているので、薬よりも副作用が少ないと考えている人もいるのではないでしょうか。また薬に比べたら、食品であるサプリメントの方が安全で体にも良いのではと思っている人も少なくはないでしょう。医薬品とサプリメントにはそれぞれの目的や効果があり、それを見極めながら使用していく事が必要です。
体調不良を改善するには、医薬品を使用する方が良いでしょう。医薬品は、不調を改善させる成分が安全な量で配合されています。用法用量を守って使用すれば、風邪の初期症状など軽度のものは市販薬で改善が期待できます。改善されない場合は、速やかに医療機関に相談する事が改善への近道です。
体調不良には医薬品を選択し、健康維持や管理にはサプリメントを取り入れる方法が良いと言えます。サプリメントには、病気の改善や治療の効果が無いということを理解しておきましょう。


この記事をシェアする