低金利キャッシング

子供が進学したり、自分や家族が病気になるとお金が足りなくなることがあります。
毎月の家賃や光熱費はどうしても支払わなければならないので、緊急にお金が必要な時にはキャッシングをして足りない金額を埋め合わせる必要があります。
キャッシングのサービスを展開している会社はたくさんありますが、その中からキャッシングする会社を選ぶ時には、金利についても考える必要があります。

金利は借りたお金に付け加えて支払う必要があるものなので、融資を受けた時に生じるコストで、このコストが安い時には、返済の時に支払う負担が減ることを意味しています。
そのため、低金利キャッシングを選ぶことはとても重要です。
では、どのようにして低金利キャッシングを見極めることができるでしょうか。


低金利の金額について知る

低金利という概念は、消費者金融と銀行の金利を比較したときに、一番金利が安い会社をものを低金利と呼んでいます。
しかし、低金利の相場がいくらぐらいか分からない人もいます。
日本の法律では利息が制限されていて、お金を借りた金額と残高の合計が10万円に届かない時には、利息は年率20%までと決められています。
また、借りた金額と残高の合計が10万円を超えても100万円に満たない時には、年率18%までしか利息はかかりません。
借りた金額と残高の合計が100万円を超える時でも、利息は年率15%までです。


利息以外でかかる手数料は無い

キャッシングの時に必要なお金は、この利息だけで年会費や入会費を支払うことはありません。
しかし、ATMを使って融資を受けた時には、ATMの手数料がかかります。
ほとんどの消費者金融では利率を最高で18.0%に設定しているので、18.0%利息を標準に考えると、それよりも低い金利ならば低金利と考えることができるでしょう。
そのため、銀行からお金を借りる時は最高に設定されている金利でも14.5%なので、低金利ということができます。
おすすめできる消費者金融を比較しているサイトを紹介しておきますので参考にしてみてください。消費者金融 比較